海でのはなし。 (2006) / umi deno hanashi

人気バンド、スピッツのテレビCMを手がけた大宮エリーが、彼らの曲からインスパイアされた映画初監督作。宮崎あおいと西島秀俊が恋に不器用なカップルを演じる。監督:大宮エリー、キャスト:宮崎あおい、西島秀俊、菊地凛子、勝野洋ほか

 ・ Youtube : 海でのはなし。 (2006) / umi deno hanashi

海でのはなし。 (2006) / umi deno hanashiのあらすじ

誰かを大事に思うこと。ちっぽけだけど、いちばん大切なこと。ごく普通の家庭で両親の愛を一身に受け、珍しいくらいまっすぐに育ってきた女の子、楓(宮崎あおい)。でもある日楓は、母親が父親の愛人だったことを知ってしまう。お父さんには、私たち以外に本当の家族がいる…。傷ついた楓はが向かったのは、博士(西島秀俊)のいる場所だった。楓より少しだけ大人で、とぼけたことばかり言う博士は、楓にとっては近くて遠いひと。そして、とても大事なひと。恋とかそういうのじゃなくて、もっともっと深い何かで繋がっているような。博士は、誰ともあまり関わりをもたずに生きてきた。傷つかないですむし、そのほうが楽だからだ。でもいったいいつからだろう。両親を愛することさえできなくなったのは…。二人を乗せた車は海へと向かう。真夜中の浜辺。闇から響く波の音。ことばは途切れながらも続いてゆく。そしておとずれる、やさしい朝。楓と博士。不器用な二つのこころは少しずつ寄り添って。小さなことがぜんぶ大切。たとえそれが答えじゃなくても。誰かを大事に思う気持ちがあれば、自分のことも、自分以外の誰かのことも、きっともっと愛せるはずなんだ……。(Mpvie Walker)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ただ、君を愛してる (2006) / Heavenly Forest

  2. 害虫 (2002) / Harmful Insect

  3. 初恋 (2006) / First Love

  4. 富江 最終章 〜禁断の果実〜 (2002) / Tomie Forbidden Fruit

  5. ラブドガン (2004) / The Loved Gun

  6. 青い車 (2004) / A Blue Automobile

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。