きいろいゾウ (2013) / Yellow Elephant

西加奈子の同名小説を、本作が初共演となる宮崎あおい&向井理を迎えて映画化した夫婦の愛の物語。背中に大きな鳥のタトゥーのある売れない作家と、犬や花の声が聞こえる不思議な力を持つ女性が結婚。九州の片田舎にやってきた2人にやがて起きる出来事が描かれる。監督:廣木隆一、キャスト:宮崎あおい, 向井理, 柄本明, 濱田龍臣, 本田望結

 ・ amazon : きいろいゾウ (2013) / Yellow Elephant
 ・ Hulu : きいろいゾウ (2013) / Yellow Elephant
 ・ Youtube : きいろいゾウ (2013) / Yellow Elephant

きいろいゾウ (2013) / Kiiroi Zouのあらすじ

妻利愛子(つまりあいこ)=“ツマ”(宮崎あおい)は、幼少の頃過ごした入院生活の中で、『きいろいゾウ』という絵本を大切に読み、日々の慰めにしていた。絵本を通じて自由に旅をする空想をするうちに、ツマは木々や動物たちの声が聴こえるようになる。売れない小説家の無辜歩(むこあゆむ)=“ムコ”(向井理)は、過去に捕らわれていた。彼の背中には、大きな鳥のタトゥーが入っている。ある満月の夜、ツマとムコは出会い、すぐに結婚する。日々を慈しみながら穏やかに生活をする二人。しかし二人はそれぞれ秘密を抱えている。ある日、ムコ宛てに差出人名のない手紙が届く。それはムコがぬぐい去ることができない過去に関係しており、二人の関係が揺らぎ始める……。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。