ハブと拳骨 (2008) / Bloody Snake under the Sun

1960年代末の混沌とした沖縄を舞台に、血のつながらない一家がたくましく生きる姿を力強いタッチで描く人間ドラマ。宮崎あおい、石田えりら実力派が共演する。キャスト:尚玄, 虎牙光揮, 宮崎あおい, 辰巳蒼生, サイ・ホージン

 ・ amazon : ハブと拳骨 (2008) / Bloody Snake under the Sun

ハブと拳骨 (2008) / Bloody Snake under the Sunのあらすじ

三線を片手に夜の世界を遊び生きる男・良(尚玄)。米兵が溢れる歓楽街の自警団的なローカルギャング組織に属す兄の銀(虎牙光揮)。汗を流し日々ソーキそば屋を営む母カミィ(石田えり)と娘の杏(宮﨑あおい)。銀と杏は、戦争孤児でカミィに幼い頃引き取られた。血の繋がりはないが、実の子の良と分け隔てなく愛情をこめて育てられてきた。しかし本土の闇組織との横流し物資の取引が原因となり、家族の運命が大きく暗転していく・・・

ハブと拳骨 (2008) / Bloody Snake under the Sunのストーリー

1960年代後半、ベトナム戦争景気で活気づく沖縄の歓楽街コザ。与那覇良(尚玄)は、三線の腕が立ち、時々BARで歌っているが、いまだに米軍基地から物資を盗んで小遣い稼ぎをしている遊び人であった。良の母、カミィ(石田えり)は、幼い頃に戦争孤児になった安城銀(虎牙光輝)と妹の杏(宮崎あおい)を引き取り、実子の良と分け隔てなく、厳しく、しかし愛情を込めて育ててきた。子供たちが成人した今、杏と二人で地元の人々から親しまれるソーキソバ屋を切り盛りしている。銀はAサインBAR(米軍から許可書を発行されている風俗店)の用心棒をやっており、喧嘩は好きではないが滅法強く、いつの間にか暴力の世界に浸かりきっていた。そんなある日、買い物帰りのカミィが米軍のトラックに轢き逃げされる。命は取り留めたもののカミィは片足に重傷を負う。しかも、その怪我は本州の病院にいかなければ治らないと宣告され、警察も軍に対してなすすべがなかった。良はカミィの治療代を稼ぐため、大和(本州)ヤクザの武器倉庫に忍び込むが、逆に捕まってしまう。そこへ銀が駆けつけ、自分が代わりに金を用意して罪を背負うとヤクザのボスに約束、その場をおさめた。何とか集めた金を手に、銀はカミィが入院する病院へと向かう。そして、母を海辺のあばら家へ連れ出し、仲間たちと共に宴を催すのだった。翌朝、まだ暗いうちに、銀はカミィと良、杏を起こし、本州に渡る船に乗ろうとけしかける。しかし、いざ出発の時が来ると、銀は金を良に託して、後から行くと告げその場を去る。銀はその足で大和ヤクザのもとへと向かっうのだった……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 闇の子供たち (2008) / Children of the Dark

  2. 初雪の恋 ヴァージン・スノー (2007) / Virgin Snow

  3. サッド ヴァケイション (2007) / Sad Vacation

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。